忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[567]  [566]  [565]  [564]  [562]  [561]  [560]  [559]  [558]  [557]  [556
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに映画見て来ました。


「ウォンテッド」

アンジェリーナ・ジョリーは好きだし、モーガン・フリーマンも、円熟した役者って感じだし。

行ってみてR-15だったことに気づきました。

う~ん、セクシー?じゃないよね。

バイオレンス?

答えは後者でした。

殺戮シーンが多いです。劇画チックだから、現実味はそこまでじゃないけれど、血の出るシーンは多い。

そして、暗殺グループの話なので、世の中の秩序のために…みたいな暗殺肯定的な部分も出てきますし。

やっぱり、親世代としては、少年達にはあんまり見せたくないかも。(^_^;)


監督は「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」を撮ったロシアの監督さん。

エンディングロールで、やたらロシアの名前が多いな~と思ったら、そうだったんだ!って感じ。

見る前のリサーチはなしだったので。(^^ゞ

映像は、斬新で、主人公の鼓動が高まる部分では、観客もそれを共有するという手法も、興奮度を高めると思います。

でも、今回、座席が前だったので、あまりの切り替えの多いスピーディーな展開と、ド迫力に、ちょっと濃すぎる味の物を食べ過ぎた感じになりました。(^_^;)

これは、好みが別れる作品だと思うな。

刺激を求める方には「グ~!」

しっとり落ち着いたものや、美しいものがお好みの方には、ちょっと…。




私個人としては、アンジェリーナ・ジョリーがせっかく出るんだから、彼女のナイスバディをもうちょっと見せてもいいんじゃ?って思ったのと(後ろ姿の刺青ヌードのサービスはありますが)、
ジェームズ・マカヴォイは、顔が好みじゃない。(マカヴォイファンの方、申し訳ありません)
役者としては味があると思うし、この役は、最初は、うだつの上がらな「負け犬」キャラなので、最初から美形マッチョでは合わないんで、人選的にはあってると思うんですけどね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   小岩井の秋   HOME   恐怖体験!   ≫
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]