忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    05 >>
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに映画見て来ました。


「ウォンテッド」

アンジェリーナ・ジョリーは好きだし、モーガン・フリーマンも、円熟した役者って感じだし。

行ってみてR-15だったことに気づきました。

う~ん、セクシー?じゃないよね。

バイオレンス?

答えは後者でした。

殺戮シーンが多いです。劇画チックだから、現実味はそこまでじゃないけれど、血の出るシーンは多い。

そして、暗殺グループの話なので、世の中の秩序のために…みたいな暗殺肯定的な部分も出てきますし。

やっぱり、親世代としては、少年達にはあんまり見せたくないかも。(^_^;)


監督は「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」を撮ったロシアの監督さん。

エンディングロールで、やたらロシアの名前が多いな~と思ったら、そうだったんだ!って感じ。

見る前のリサーチはなしだったので。(^^ゞ

映像は、斬新で、主人公の鼓動が高まる部分では、観客もそれを共有するという手法も、興奮度を高めると思います。

でも、今回、座席が前だったので、あまりの切り替えの多いスピーディーな展開と、ド迫力に、ちょっと濃すぎる味の物を食べ過ぎた感じになりました。(^_^;)

これは、好みが別れる作品だと思うな。

刺激を求める方には「グ~!」

しっとり落ち着いたものや、美しいものがお好みの方には、ちょっと…。




私個人としては、アンジェリーナ・ジョリーがせっかく出るんだから、彼女のナイスバディをもうちょっと見せてもいいんじゃ?って思ったのと(後ろ姿の刺青ヌードのサービスはありますが)、
ジェームズ・マカヴォイは、顔が好みじゃない。(マカヴォイファンの方、申し訳ありません)
役者としては味があると思うし、この役は、最初は、うだつの上がらな「負け犬」キャラなので、最初から美形マッチョでは合わないんで、人選的にはあってると思うんですけどね。

PR
今度は「ハムナプトラ3」の試写会招待券ゲットです!


最近、とっても調子がいいわ。

出せば当たる状態です。

こんな時には、宝くじでも?

でも、きっと欲を出したら、ツキも落ちるのよね。(~_~;)



「ハムナプトラ3」については、ストーリーを楽しむ映画ではないので、大画面で迫力ある活劇やアクションを楽しむものだと思います。

今回は、ブレンダン・フレイザーの相手役だったレイチェル・ワイズが抜けて、別の女優さん(マリア・ベロ)になってます。


マリア・ベロって聞いたことないかな~と思ったら、なんと「コヨーテ・アグリー」のバーの支配人「リル」役の人だったんだ!

「コヨーテ・アグリー」は、踊りや歌もかっこよかったし、美人でそれぞれ色んな事情を抱えつつ頑張る女性が描かれていて、好きな映画でした。

リル役の女優さんも、存在感がありましたね~。

そっか、あの人だったのか、と思ったら、「ハムナプトラ3」も、より楽しみになりました。

来週行って来ます。(^o^)丿
ジャッキー・チェン、ジェット・リー、2大カンフースターの初共演っていうことで、話題です。

映画は、「ネバーエンディングストーリー」、「西遊記」、「ベストキッド」などをごちゃ混ぜにしたような感じもありますが、なかなか楽しめました。

懐かしい感が大ですね~。

ジャッキー・チェンの「酔拳」は出て来るし、ジェット・リーは、まだリー・リン・チェイだった頃の「少林寺」を思い起こすような僧侶姿だし。

二人とも、年とったな~という感は、ありますが…。^_^;

でも、やっぱりカンフーシーンは圧巻です。

きちんと修練して身に付けた技というのは、それなりの見ごたえがあります。
リー・リン・チェイ(ジェット・リー)なんて少年の頃、5回連続で中国全国武術大会総合優勝したほどの人なんですからね。

この二人の共演を、また別のストーリー(ファンタジーじゃなく本格アクション物)で見てみたかったな~という気もしました。
行って来ました!

全体の感想は、思ったよりは良かったです。

(実はあまり期待してなかった。) スミマセンm(__)m

この時代の流れに逆行して、手書きにこだわったジブリの方々の労力たるや、それはそれは大変なものだったと思います。

プロに言わせると、機械で作った絵(つまりCGですね)と、人間の手書きでは、こまかい揺らぎとか暖かみとか微妙な味わいの差があるってことらしいのですが…

そりゃ、手書きでは同じに描いたつもりでも100%同じには描けないわけで、微妙な揺らぎは出るでしょうね。

でも、しろうとの私には、CGと手書きの差ってのは、あんまりわかりませんでした。

同じものをCGで作ったのと、手書きのと見比べたら多少は感じるかしら?
(それも自信ないですけど)



ぽにょは、金魚みたいな「魚の子」です。(実は、その正体は複雑なのですが・・・)

でも、「人間になりたい」って、自力で人間になっちゃうのですが、この過程が、ちょっとキモカワイイ…う~ん、やっぱりちょっとキモコワイ。

人間になったぽにょは、「トトロ」のメイちゃんみたいな感じ。

単語を繰り返したり、ドタドタ走り回る様は、本当にメイっぽい。

あと、老人ホームのおばぁちゃんで、「ハウル」の荒地の魔女が魔力を失ってボケばぁちゃんになっちゃった姿にそっくりのおばぁちゃんも出てきます。

ちょっとへそ曲がりなばぁちゃんは、ラピュタのドーラだっけ(海賊いや空賊?のかしらのおばちゃん)に似てる気がするし。

という風に、ジブリファンには、なんとなく懐かしいキャラが見え隠れします。

この老人達にもたらされた恩恵のシーンは、映画「コクーン」を思い起こしました。


宮崎監督が「原点に帰る」を強調していらしたけれど、それは、見てわかります。

小難しい理屈抜きに、本来のアニメーションの楽しさを提供したいって思ったんだろうな~と思います。

海も魚も、自由な発想で力強くて、こういうのを子供に見せたいって思うし、もちろん、大人も背景の美しさ・自由さには、感動できると思います。

そして、何より子供の反応を見て、成功だなって思ったの。

会場には、やはり子連れの方が多くて、その子供達の反応がとてもよかった。

驚いたり笑ったりして見ていました。

例えば、主人公の宗介とぽにょが、頭ごっつんこしちゃう場面なんかも、子供はかなり笑ってました。
(私はその程度じゃ笑えなかったけど…)

ストーリーも、難しい点はあえてカットしてあり、その辺も「原点回帰」なんだろうなと思います。

主人公宗介の真直ぐさは、とてもかわいくて、最後に(言葉はそのとおりじゃないけど)、魚のぽにょも人間のぽにょもどんなぽにょも好きだ!ってはっきり宣言するところに、監督の言わんとするところがあるのかなぁと思いました。


最近、ラッキー続きで、試写会当たりまくりです。

昨日、また招待券が来たので、来週は「ドラゴン・キングダム」を見てきます。
なんと、ジャッキー・チェンとジェット・リーの2トップ夢の初共演ってことで、カンフーシーンはきっと見ごたえのあるものになっているだろうと思うので、楽しみです。
当たった!(^o^)丿

「崖の上のぽにょ」の試写会。

公開より一足先に行って来ます。(木曜)

CMで見る範囲では、「かわいいのかなぁ?」ってちょっと疑問なんだよね。
あの主人公の魚の女の子。

息子さん(宮崎吾朗さん)が、「最高傑作だ~」みたいに言ってたけど…。

息子さんと言えば、「ゲド戦記」は、がっかりだった。

原作読んで、思い入れがあっただけに映画見たときは「???」「違うじゃん」(-_-;)って感じだった。

今回は、感動できる作品だといいな。
  HOME   次のページ   ≫
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]