忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この間のギャップはとてつもなく大きいと思う。

まず、どうあるべきかがわからなければ先へは進めないけど、わかったからと言って、できるとは限らない。
肉体的条件によってできない場合もあるし、努力が足りない場合もあるし、修正の方向がつかめない場合もある。

今日のバレエは、「わかっててもできてないこと」のオンパレードで、ちょっと落ち込み気味。

ロンデジャンアンレール、足が横を回る時、腰上がってるし、前腿が思いっきり活躍してるのがわかるのに、直せない。
「足太くなるよ」って先生。
それは、わかりすぎるほど実感してます。でも、できない。(>_<)

アラベスクの足の膝、伸ばしてるつもりだけど伸びてない。
先生に膝裏なでられると、緩んでるのはわかるのに、ほっとかれると、また緩んでる。

シェネの感じで、右左とパッセ交代で進むやつ(また名前忘れた)、スピードについていけず、パッセがどんどんインになる。
「そんなことするくらいなら、倍速でとっていいから、きちんとした(自分の中での意味:本当にきちんとしたパッセは不可能ですから)パッセすればいいのに」って自分で思ったけど、結局、そのまま、もやもやで終わっちゃった。
首も遅いし、インパッセだし、何やってんだかわかんない。

センターのコンビネーション
アラベスクから軸足プリエになる時、完全に沈んじゃってる。
だから、そこからルルベアップしつつパッセってのが、すごくキツイ。
さらに、そのルルベパッセから、かかと下ろさずデヴェロッペが、めちゃくちゃ不安定。
パッセでぐらついてるもんだから、そっから先続かないんだもん。

「こうじゃない」ってのは、わかってるし、「どうあるべきか」もある程度はわかる。
でも、できない。
ひらきなおってもしょうがないし、かと言って、こんなじゃやっても意味ないってのも悲しいし。
結局、あがきつつ、やって行くのかなぁ。(+_+)


☆始まる前の先生との会話☆

先生:なんか今開かなくて…(腿の付け根を指す)

私:あ~、私も、今そこ痛めてて、開かないんですよ!

先生:きちんと開かないとプリエが気持ち悪くて…
   年かな~

せ、先生…(@_@)
20代の先生にそんなこと言われたら、私どうすればいいんでしょうか?(>_<)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
わかる~…
私もそんなことの繰り返し^^;
最初からどうしたらいいか判らない事もあるけど、
こうしたらいけそう!ってわかっていても実際には出来ない。
色んな事を考えてるうちに抜けてしまうことの多いこと!

それにバーでは注意していられても、フロアーに行くと動く時に重心がとれないし、動きがあやふやだものだから、結局バーとは別物になってしまう。

一年後には出来るかもしれない、って思うしかないのかも^^;

20代の先生が「年かな~」なんて!
まだまだ人生これからです!○○才まで頑張ってください!(笑)
ミッキー 2007/11/29(Thu)01:27:25 編集
Re:わかる~…
>それにバーでは注意していられても、フロアーに行くと動く時に重心がとれないし、動きがあやふやだものだから、結局バーとは別物になってしまう。

そうなんですよね~。バーでは、まだ意識が問題の箇所に持っていけるんだけど、センターでは、順番だけであわあわしてしまうので、それどころじゃなくなっちゃう。
まずは、動きがきちんと頭に入らないことには、問題外ですよね。(>_<)

>一年後には出来るかもしれない、って思うしかないのかも^^;

一年後…ね。
ま、あきらめずに向かって行きましょう。(^_^;)
【2007/11/29 23:27】
わかることは、できることへの第一歩
うちの先生は、「まずは気がついて。」「自分がどうなっているかわかったら絶対出来るようになるから。」と、おっしゃいます。
そう言われても、どうすればよいか なかなかわからないんですけどね。

先生は、たくさんのヒントをくださっているんだけど、そのヒントにさえ気がつかないことが多いです。でも、長年やっていると あるとき突然 あるヒントに反応して、どうすればよいかきがつくんですよね。そうすると、今まで先生がいつもおっしゃっていたことの中にたくさんのヒントが隠されていたことに気がつきます。

でも、先生のたくさんのヒントに気がついて どうすればよいかわかっても、出来るようになるまで また時間がかかるんですよね。
出来るようになる前に、おばあちゃんになっちゃうわ~
umeko 2007/11/29(Thu)20:33:55 編集
Re:わかることは、できることへの第一歩
>うちの先生は、「まずは気がついて。」「自分がどうなっているかわかったら絶対出来るようになるから。」と、おっしゃいます。
>そう言われても、どうすればよいか なかなかわからないんですけどね。

そうなの。どうなっているかはわかってて、それじゃダメなことは、よ~くわかってるけど、でも、できません。

>長年やっていると あるとき突然 あるヒントに反応して、どうすればよいかきがつくんですよね。

そうですね。
「そうか、こういうことだったのね」って思う瞬間はありますね。

>でも、先生のたくさんのヒントに気がついて どうすればよいかわかっても、出来るようになるまで また時間がかかるんですよね。
>出来るようになる前に、おばあちゃんになっちゃうわ~

正直、年齢とともに、体力・筋力・柔軟性は衰えてくると思うし、それに逆らって、できてないところを修正して行くのは、至難の業とは思います。
でも、全部はもちろん無理だけど、ひとつでも二つでも進歩があればいいなって、私の場合は思ってます。
とりあえず、「なんちゃって」の動きだけはやめようと…。(^_^;)
【2007/11/29 23:35】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   初めて…(>_<)   HOME   時と場合   ≫
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]