忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[544]  [543]  [542]  [541]  [540]  [539]  [538]  [537]  [536]  [535]  [534
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




また、たくさん食べました。(~_~;)
美味しかった。

先日のイタリアンの白金豚:はっきんとんともプラチナポークとも言う(岩手のブランド豚)も、とっても美味しかったけど、やっぱりお寿司もいいですね~。

いつもどおり、これが全部ではありません。

途中は、食べるのに一生懸命で撮る余裕がないからね~。(^^ゞ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
凄い!
 美味しそう~
 ここは食べ放題じゃないの?
 海沿いで美味しいお寿司が食べたいなあ
mona 2008/09/04(Thu)08:04:29 編集
Re:凄い!
食べ放題じゃないよ~。(~_~;)
オーダーした分作ってくれるお寿司屋さん。
でも、お値段が手ごろなの。
その割に美味しいし。
岩手のお魚も、なかなか美味しいよ。
【2008/09/04 08:33】
無題
美味しそう♪
地元で採れたネタって 何かな~? 白身の魚とかアジかな~。

プラチナポークっていう 豚ちゃんのブランドは
初めて聞きました。 覚えておこうっと。

私、青森で付け醤油が辛い!と思ったけど岩手ではどうなんですか?



リラ 2008/09/04(Thu)22:28:42 編集
Re:無題
地元ネタは、アジ・サンマ・かつお・カンパチなど色々ありますよ。
特に美味しいと思ったのは、タコ・イカ・ほたて、など。

>プラチナポーク
肉が柔らかくて、味は臭みがなく軽い感じで、脂身も甘味があります。
名前の由来が、宮沢賢治の言葉からですって。
チャンスがあったら試食してみてくださいませ。(^_^)

>私、青森で付け醤油が辛い!と思ったけど岩手ではどうなんですか?

あ~、岩手も辛い系かも。
逆に、こちらの人は、九州なんかの甘い醤油は許せないと思う。(~_~;)
ひとつ気づいたのが、こちらは、寿司飯の酢がきつくない。
九州では、寿司飯の味つけがもっと濃かったけど、こっちは、あまり酸っぱくないです。
最初物足りない気がしたけど、慣れたら、こっちの方がお魚の味がわかるかなぁ~という感じです。
>
【2008/09/05 08:20】
おいしそう~(//∀//)
九州のお醤油は、甘いですよね。だから、刺身醤油が別にあるんだと思います(うちは使わないけど)

青森のホタテの味が忘れられないです~(≧▼≦)
ぷくぷくまま 2008/09/06(Sat)11:18:44 編集
Re:おいしそう~(//∀//)
>九州のお醤油は、甘いですよね。

そうなの。
他の地方から行った人は、なんでせっかくの刺身をあんな甘い醤油で食べるのか?って思うこと多いみたいです。

>青森のホタテの味が忘れられないです~(≧▼≦)

青森は、色々美味しいものあるよ~!
小学生時代は、青森だったから、新鮮な魚貝類食べて育ちました。(^o^)丿
【2008/09/06 22:28】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   龍泉洞   HOME   収穫   ≫
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]