忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    08 >>
[466]  [465]  [464]  [463]  [462]  [461]  [460]  [459]  [458]  [456]  [455
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

試写会当たり!

これがまた急な話で、今日が試写会で、今朝当選者に電話があり、その会社まで取りに来れる人に限るってことだった。

で、今朝電話があり、取りに来れますか?って言うので、「ハイ」とお答えして、当選に。

映画は「春よこい」でした。

松任谷由実じゃありませんよ。(^_^;)

主演は、工藤夕貴さん。あと、西島秀俊、時任三郎、宇崎竜童など。

佐賀県唐津市呼子を舞台に、高利貸しに船を取られそうになってもみ合ううちにその高利貸しが死んでしまい、結果的に殺人犯となって夫が逃亡。
残された妻と子は、けなげに夫(父)を待ちながら、苦しい生活をしている。
子供時代に親を亡くしたため、この親子に心を通わせる新聞記者、執拗に殺人犯である夫を追いながらも妻(工藤夕貴)に優しい刑事。

ま、ありがちな話ではあります。

工藤夕貴さんは、たったひとりでアメリカに行き、オーディションなんかも、自分で応募して乗り込んで行って、苦労しながら役を勝ち取った経験もあり、日本ではある程度有名だったのに、そういう一からの努力ができる人だっていう点はすごいなって思うの。
だから、がんばってほしいなとは思う。

でも、この映画は・・・
悪くはないんだけど、ちょっと 盛り上げ方が too muchっていうか、あまりにも「感動を盛り上げるゾ」的に音楽が盛り上がりすぎ、逆にちょっと引けた。
もうちょっと、さりげなくても良かったんじゃないかなぁ?

ま、私の批評は勝手なもんで、さらっとしすぎだと、感動的じゃなかったと言い、盛り上げすぎるとしらけると言い、言いたい放題ですけどね。(^_^;)

子役として有名な(『ALWAYS続・三丁目の夕日』とかの)小清水一輝くんは、やっぱり健気でかわいかったです。(^^)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
映画館で予告はみましたが、どんな脚本なんでしょうか。殺人を犯して、罪を償って帰ってくる父なら感動作になりそうですが、逃亡犯ですからどんな風に話を作ってるのかなあと。
あく 2008/06/03(Tue)22:27:28 編集
Re:無題
それがねぇ~、普通に逃亡してるだけなんですよ。
そこが解せない。
映画の中でも、新聞記者が刑事に、事情が事情だし正当防衛にもなるかもしれないし、そんな長い刑期にはならないだろうに何故逃げているんでしょう?って言うシーンがあるんだけど、ほんとに何故?・・・って感じです。

ネタばれしてよければ、後で本人が「最初はただ逃げるのに必死で、後になったら、こんな夫(父)はいない方がいいだろうと思ったから戻って来れなかった」って言うんですけどね。(ーー;)
結局は、息子の父への愛情、父を求める気持にほだされて戻って来るってことで→感動!みたいな・・・。
【2008/06/03 22:46】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   わからん・・・   HOME   コーヒー?   ≫
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]