忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    12 >>
[102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、ひとつお勉強しました。
与論島って、沖縄と思っていたら、鹿児島県だったんですね。
でも、実際は、沖縄本島が見えるほど沖縄に近いので、感覚としては沖縄だそうです。

母の病院で、3人のお子さんを連れて大変そうな若いお母さんがいて、話してみたら、なんと、その与論島から来たばかりとのこと。

九州から来たというとびっくりされるので、私が一番南からやってきた人(入院患者の家族で)かな~と思っていたら、上には上が…。

沖縄と東北では、あまりに気候が違うせいでしょうか、お子さんの一人が風邪をひいてしまったそうで、具合悪そうにしていて、とってもかわいそうでした。
おばぁちゃん(ご主人のお母さん?)が入院しているそうだけど、風邪ひいたら会わせられないのよね。大変だわ。

与論島では、海に囲まれているから波の音には馴染みがあるけど、渓流っていうのがないんだって。
子供達がこちらで渓流の水音が怖いって言ったそうです。
今の時期は、雪解け水で流れが速くなっていますからね~。

沖縄の桜は、本土のソメイヨシノではないんだって。
冬から一気に初夏になるので、こちらのように桜前線を楽しむ感覚はないんだって。
今、こちらはちょうど桜が咲いていく時期で、それが楽しみって言ってました。
色々と、気候風土も違うのでしょうね。
まだ、沖縄に行ったことがないのだけど、一度行ってみたいな~と思いました。(あ、与論島は鹿児島ですけどね。)(^_^;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
皆さん色々
 問題を抱えてるんですよね。
 与論島は鹿児島なんですね~知らなかった(^_^;)
 気候が違いすぎて体調崩しますよね。
 早く病気が治ってみんなが通常生活に戻れると良いんですけどね・・・
 生活体系も変わるから、何が通常か分からなくなることもありますが(^_^;)

 春、やっぱり良いですよね。
 早く気温も落ち着かないかなあ・・・なんだか寒くなると冬みたいで(^_^;)
mona 2007/04/27(Fri)05:54:51 編集
monaさん
>与論島
やっぱり沖縄って思ってたでしょ?
私もだよ~。

春といっても、こちらは、まだ雪のたよりさえ…。朝晩はかなり寒いしね。
早く暖かくなって、気温安定するといいわ。
こちらの桜は今が見ごろです。
桜の名所は混雑だよ~。
チビまる 2007/04/28(Sat)18:48:30 編集
無題
その昔与論島ブームがあったのは、まだ沖縄に自由にいけなかった時代だったからでしょうか。今では沖縄に行くより高くつきますね。
あく 2007/04/29(Sun)13:31:37 編集
あくさん
与論島ブームがあったのですか?
知りませんでした。(^_^;)
沖縄よりも与論島へ行くには、お金も時間もかかって大変のようです。
その方も、どこへ行くにも、まず本島へ渡らなければいけないので大変と言っていました。
チビまる 2007/04/29(Sun)21:48:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
≪   桜満開   HOME   涙?   ≫
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]