忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母の病室に、最近認知症気味の方が入ってきた。
話しぶりは、すごくしっかりしていて、一見そうは思えないんだけど、やっぱり話す内容や言動が「???」のことが…。

意志がしっかりしすぎていて、看護士さんの言うこともなかなか聞いてくれない。
自分は、病人の自覚はないので(多分認知症の自覚も)、看護士さんがゆっくり大きめの声で話したりすると、「私は耳遠くないの!」と憤慨します。

移動は車椅子なんだけど、そのまま車椅子に座らせておくと、落ちたりする可能性もあるので、「ベッドに上がりましょうか」と看護士さんが言っても、「いいえ」と言う。
「じゃ、これ(一人で降りられないようにする机みたいな板)をはめさせてね」「そんなのいらない」
「じゃ、あちらに(ナースステーションの脇の目の届くところ)にいましょうか」「いいえ、ここに居ます」

困り果てた看護士さん、巾広の紐でお腹と車椅子を巻いて降りれないようにした。
そしたら、「縛るなんて、ひどいじゃないの!」
「縛ってませんよ。落ちたら危ないですからね」

このやり取りで、思い出した。
認知症患者をベッドに縛っり虐待したと告発させたりしたケースありましたね。
患者の安全を考えると(患者のためもあるし、怪我されたりすると自分達の責任になるし)、言うこと聞いてくれない患者さんの場合、ある程度の拘束も仕方ない部分はある。
どこまでが、致し方ない部分で、どこからが虐待か、これも難しい問題ですね。

で、結局、「縛るな」と憤慨する患者さんをなんとかなだめて、ゆるめに紐巻いて看護士さんが行ってしまうとき、お部屋の中の唯一の「どこも悪くない(多分他の人よりはしっかりしてる)普通の人」である私に、「何かあったらナースコールお願いね」と言って別のお仕事に行ってしまいました。

でも、何かあってからじゃ遅いし、それから、私は、この患者さんが落っこちないか心配で、彼女がベッドに手を伸ばすとすっ飛んで行って、「ベッドに上がりたいなら看護士さんにお願いしましょうね、一人じゃ危ないですよ」
テーブルに手を伸ばして車椅子から乗り出すと、すっ飛んで行って、何を取りたいんですか」

落ち着く間もありませんでした。(ーー;)

お食事が済んで、この患者さんがベッドにちゃんと納まったとき、ホッとしました。

これが、毎日だったら、ほんとに無理ですよね。
だって、目が離せないってことは、自分は何もできないもの。

危なくない環境を作ることも難しいし、家族がずっと見ているのも実質無理だし、介護施設でも、やっぱり一人一人を24時間見ていることはできないし…。

この先、老人大国となるこの国の行く末、それ以前に、認知症患者を抱える家族の苦労…、色々考えさせられました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ表示(チェックを入れると管理人だけに表示できます)
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
 話がかみ合わない方とのお話は難しいですよね。
 拘束も・・・やもえない場合もあるよね。
 家庭では認知症になった方ほど見られませんよね。
 どこに行っちゃうか分からないし、何をするか分からないし・・・
 でも日本の老人医療、そこまで進んでいませんよね(^_^;)
 うちもそろそろ他人事じゃないから心配です。
mona 2007/06/01(Fri)06:01:31 編集
monaさん
母も、脳梗塞以来、以前の母ではないんだけど、まだここまでではないので、なんとか、せめて今の状態を維持してほしいと本当に切実に思いました。
日本の老人医療、問題山積。
これから、本当に大変になると思うわ。
私達の親ももちろんだけど、自分がもっと年とったらどうなっちゃうんだろう?って思うよ~。(ーー;)
チビまる 2007/06/01(Fri)10:58:11 編集
私も(゚ー゚)(。_。)ウンウン
うちの姑も、もうほとんど会話がうまく成り立ちません。
姑は9人兄妹の末っ子で、一番上のお兄さんが長生きだったんだけど、
そのお兄さんが亡くなられてから、ちょっとずつおかしく(と言っては失礼だけど)なっていってます。元教師で、毅然としていた方だっただけに、主人はそんな今の母親を受け入れられないようで、あまり会いたがらないので、ちょっとかわいそうです(T_T)
私のことは、もう記憶にないようなので、
私は会いにも行かないけど(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
孫のことは一応わかるみたいなのよね~・・・
血の力ってすごいわ~・・・・



ぷくぷくまま 2007/06/01(Fri)17:15:05 編集
ぷくぷくままさん
お姑さんもそうですか。
案外ね、元教師とかで、人一倍しっかりしていらした方が・・・ってケースよく聞きます。なぜかしらね。
やはり、息子・孫はかわいいみたいですよ。
仕方ないですね。(^_^;)

しかし、9人ってすごいわ~!
チビまる 2007/06/01(Fri)21:10:20 編集
ありますね~
そういう事って多いですね。
本人は自分がちゃんとしていて大丈夫だと思って(信じて?)本当の状況が見えてないの。
お友達の義母さんがそういう状態で入院して、自分で勝手に先生と話をして、手術のこととか決めてしまうけど、実際には本人はちっとも説明がわかってなくて、お友達はとても困っていました。

でも、チビまるさんは、やさしいのね。
けど、そういう事をお願いされてもちょっとこまりますよね^^;
ミッキー 2007/06/01(Fri)23:08:26 編集
ミッキーさん
自分がもの忘れがあるとか、ボケてるかもって思っているうちは、まだマシなのですね~。
本当に状態が進むと、自分の状態がわからないんですよね。

その患者さん、今日別の病室へ移されました。申し訳ないけど、みんなちょっとホッとしたみたい。隣の患者さんの薬取っちゃったりとか、色々あったから…。(^_^;)
チビまる 2007/06/01(Fri)23:16:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]