忍者ブログ
日常のあれこれ
| Admin | Res |
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日は、久しぶりにサークルのバレエに顔を出した。

こちらのサークルは、ある程度できる人ばかりで(私は例外)、順番も大体1回の説明で、私なんぞはいつも「?」だらけの状態でスタート。
だから、必ず誰かの後ろになるように位置をキープ。
従って、センターは、本当に情けない状態で、「踊る」までいきません。(>_<)

こちらでは、みんなそれぞれ言われなくても、良くも悪くも自分でわかっている人が多いので、「お直し」とかなしに、サクサク進むのですが、昨日は、なぜかお直しオンパレード。

まず、カンブレの後ろ反りをひとりひとり確認。

まず、上に伸びる意識から背中のブララインのあたりで反る、腹は出さない、顔はつけても、肩を傾けない…と言葉ではわかっているけれど、私の場合、背中が硬いので、腰からは反れても背中の真中からは反れないんだ。
それに、ずっといろんな先生に言われてわかってはいるけど、なおせない首の弱さ。
「ウサギの首」なのよ。
誰もわからないと思うけど、ウサギって抱っこすると、首がカクッと後ろに落っこちる。
頭を維持する筋肉とかないんでしょうね。
私もそれ。
これは遺伝するらしく、娘達も(一緒にやってた頃)、「首落とさない!」って先生に怒られていたから、私は内心「やっぱり親子だね~」と苦笑してました。

さらに、ロンデジャンアンレールの足。
これは、難しいよ!
前から後ろまで回す時、ターンアウトをキープしつつ、前から横さらに斜め後ろあたりで限界が来る。
そこでくるっとひっくり返っちゃいけないとわかっていてもひっくり返る。
リーダーさんが、足持ってくれて、チェック。
付け根に力みがあるとダメって言われた。(最初から力んでる私)
斜め後ろの限界点あたりで、お尻締めて腰上げない、体開かない、骨盤から足外すように引き出して引っくり返さないで後ろへ回す…といっぱい注意オンパレードで足回していただきました。

おっしゃることはわかるのですが、なかなか体が言うことをききません。
ロンデジャンも最終的なアラベスクの形も、まだまだです。
(っていうか多分永久にできません)(T_T)

でも、若い子は、リーダーにやっていただいたら、それ以前とは見違えるようなきれいなロンデジャン→アラベスクができた子もいたので、素材としての体があれば、教え甲斐があるってもんよね。

センターでは、アンデダン・アンデオールのターンが入り混じる順番が覚えられず、人の見てから「そっちか」と遅れて回ってみたり、最後には、イタリアンフェッテもあり、私は真似事程度しかできず、ハァ~とため息で終了。

こちらは、難しいことやるので、刺激にはなるのですが、ちゃんとついて行けないのが情けないところです。(ーー;)



PR
すんごく久しぶりのポアント(レッスンの3分の1程度なので長い時間ではないけど)、やっぱりキツイです。
途中で、足が疲れて、持ち上がらなくなりました。

やっぱり、シューズでやる時より、もっともっとアキレスあたりの耐久力が必要です。

シューズでもそうだけど、ポアントだと、やっぱりターンアウトできてないってのが致命的。
乗る場所も、体重かける向きも、全部正しくない。

エシャッペで後へ逃げてしまうかかとが恨めしいです。

今日、リーダーが、ももの裏側(肛門の斜め下あたりの筋)のマッサージをしてくれました。(結構ヤバイ位置ですが女同士なので)

それをすると、一番で立ったとき、内モモが閉まり、正しく立てるようになるんだって。

確かに、していただいた後は、内腿が普段より締まる感じだった。
つまり、普段はその辺の筋肉が眠ってるんだろうね~。

明日、くるぶしが腫れないといいけど、ポアントだとやっぱりちょっと無理するので、心配です。
水は、初級の日なので、もともと難しいことはしない日で、さらに、今日は全く初めてという方もいらしたので、スローペース。

順番でいっぱいいっぱいになるレッスンより、自分の動きを確認しながらできる方が好き。

それにしても、モモの付け根が痛くなってから、無理しないようにしてるんだけど、そしたら、全然足上がらなくなった。
開かないし、上がらない。

グランバトマンなんか、全然「グラン」じゃないし…。

スプリッツも、以前は普通にできたけど、今は痛いし、ちょっと浮いてる。
困ったもんだ。
そのうち、戻るんだろうか?

それに、もともとは左が軸の方が安定してたのに、左足くるぶしが腫れてから、左に乗り切れない。

今日、センターで、左向きでピケアラベスク、軸足プリエ、プリエの足をルルベにしながら、前向き(アンファス)になりつつ、アラベスクで上げてる足をそのままパッセに持ってくるってのをやった時、最悪だった。

まず、ピケアラベスクが軸足(左)がちゃんと立てないのキープできず、プリエで完全に落っこちて、そこからルルベパッセに持ってくるのがつらくて…。

本当に、情けない状態です。

でも、無理はできないので、様子を見つつやっていくしかないなぁ。><

不調な日。
体が重くて(太ったってこともありますけど、それプラスαな感じ)、頭が重い。
風邪ひきそうなのかなぁ?

足の腫れは、すっかり良くはないものの、先週よりいいので、バレエにGO.

「体が重い~」と言ったら、なじみのレッスンメイトさんが、「うん、なんか疲れてる感じ」って。
傍目にも見えるってのは、結構きてますね。

シャンジュマンやカトルは、プリエをしっかりと心がけたけど、今度は二重プリエになったりして…なかなかうまくできないな。
すればいいってもんじゃなく、プリエで貯めたエネルギーが全部ジャンプに放出されなきゃいけないでしょ。

やっぱり「プリエに始まってプリエに終わる」と言いますが、正しいプリエって難しいです。
言ってもしょうがないけど、股関節が開いてないと、難しいし、足裏が柔らかく使えてないとね。

今日は、さらにバロネもあり。
軸足プリエ・ルルヴェでフリーレッグ曲げ伸ばしするやつと、軸足ジャンプのやつ両方ありで、これが結構足にきます。
ずっと同じ軸足だからね~。

左足軸は、なんか不安で思いっきり立てませんでした。
(じゃ右軸はできたのかって言うと、そうでもないけど)

あと、右パッセ・左パッセとパッセ繰り返しながら、回って進む奴は何て言うの?
あれが、どうもうまくできないのよね。
先生のお手本だと、軽快に右左と踏み替えてるだけで、簡単そうに見えるんだけど、早いと音に乗れないし、遅い曲だと、不安定になる。
回り物は全部そうだけど、やっぱり首が早くきれないのがネックだね。(ぷぷぷ…)^^;
このところ、バタバタと直前に駆け込むことが多かった。
どうしても、二人の食事を準備して出かける時間的都合で、あまり余裕を持っては行けないのよね。
でも、これじゃぁ怪我や故障につながるな~と反省しておりました。
そんで、今日は、気温も下がり、これはストレッチし必須と思ったので、頑張って早めに出発。
なのに、ジムに着いてみたら、ガラスの向こうに見えるクラスは、なんとバレエではありませんか!!!

「え~、うちの時計狂ってた?」「私時間見まちがえた?」と思ったけど、時間はまだレッスン30分前。

スタッフをつかまえて聞くと、前のジャズのクラスが休講で、バレエの先生が代行。
そんで、ジャズがバレエに変更になったとのこと。

え~、じぇんじぇん知らなかったよ~。(>_<)
私と、あと数人「知らなかった」組がいたけど、たいていの人はちゃんとジャズの時間に合わせて来てた。
これからは、ちゃんとチェックしないとダメだな~。(+_+)

というわけで、今日のバレエは2時間で、最初にバーと基礎をやり、私が合流した後半は、もうバーは出さず、センターでちょっとプリエとかタンジュとかやって、早めにセンターレッスンに入り、最後にはちょっとだけVaのさわりをやった。
コッペリアのスワニルダのVa.
振りを覚えられませんでした。(T_T)

今日やった回りもの、ピケターンのパッセの入るやつ。
左右左右とパッセしながら回るやつ、あれ、ダメでした。
段々遅れて、そのうち顔の付け位置がめちゃくちゃになり…最後はあらら~ということに。
パッセのタイミングと顔切るタイミングがちゃんと合ってリズムに乗っていかないと、めちゃくちゃになっちゃう。
これは、宿題。

あ~、それにしても、「2時間はきついね~」と汗を流す皆さんや先生…、でも、私は汗もちょっとで不完全燃焼でした。(T_T)
≪   前のページ   HOME   次のページ   ≫
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/03 ぷくぷくまま]
[05/02 mona]
[04/28 mona]
[04/24 チビまる]
[04/24 mona]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
チビまる
HP:
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
カウンター

Powered by Ninja Blog    Photo by 空色地図 -sorairo no chizu-    icon by Atelier Black/White    Template by Temp* factory
Copyright (c)気まぐれ日記 All Rights Reserved.


忍者ブログ [PR]